のんべえせぇるすまんの「あて」になるブログ

お酒大好き営業マンが、お酒の「あて」になるものや、ビジネスや人生において「当て」になる情報を発信していきます^^

ミホークになった気分を味わっています

こんばんは。

鷹の目のミホークです^^

 

 

f:id:rs11:20200602223255j:image

 

 

赤ワインをグビッと飲みながら

ブログを書いています。

 

 

f:id:rs11:20200602225333j:image

 

 

ついちょっと前に断念した、

朝型になってみようチャレンジを

もう一度してみたんですが、

やっぱり向いてないことがわかりました。

 

 

時間に余裕があると、

いつまでも寝てしまうんですよね。。。

 

ギリギリまで夏休みの宿題

やらなかったのと同じ。

 

 

逆に、夜はいつまでも起きてられるので、

もうこんな時間、早く寝なきゃ!

なんて焦りに駆られることも。

 

 

もうこの体質では、朝まで飲むのが

使命だとしか思えません。(?)

 

 

ということで、またしばらくは

無理せずちびちび飲みながら

ブログを書くスタイルでいきますw

 

 

さて、では今日のテーマに。

 

 

ぼくはペンネームに「せぇるすまん」

という言葉が入っているとおり、

ずっと営業をやってきました。

 

大学のときのインターンを含めると

もう4年近くなります。

 

 

そんなぼくが今月から、

営業を離れて新しいチャレンジを

することになりました。

 

 

もうせぇるすまんを名乗れません。

 

せぇるすまんを取られたら

ほんとにのんべえしか残らない。。。

 

 

なので、せぇるすまんは

せめてこれからも使わせていただいて、

お前もうせぇるすまんちゃうやないかい!

という苦情がきたら変えようと思います。

 

 

で、はじめて営業から離れてみて、

会社のことを俯瞰して見るようになったら、

まぁいろいろと発見があって。

 

 

少し引いて見るだけで、

これまであまり見えてこなかった

課題が見えてくるようになりました。

 

 

視点が変わるだけで、物事の見え方って

こんなに変わるのかと驚く日々です。

 

 

この、物事を俯瞰して見ることを

鷹の目(たかのめ)というんだそう。

(このためだけにミホークさんをお呼びしました)

 

 

ビジネスにおいては「3つの目」が

大事と言われていて、そのうちの1つです。

 

 

残りの2つは、「虫の目」「魚の目」。

 

 

虫の目とは、鷹の目とは逆に

物事の細部を見ていくこと。

「神は細部に宿る」なんて言われるくらい、

小さなことって大事なんですね。

 

 

そして、これまでに出てきた

「鷹の目」と「虫の目」を合わせると、

着眼大局 着手小局という言葉に。

 

物事は大きな視点から見て、

やるときは小さなことから実践しましょう

という意味ですね。

 

最近、ここの大切さを痛感しています。

 

 

何かをするとき、大きな視点で見て

壮大なビジョンを掲げるのも大事ですが、

取り組むときは小さなことから。

 

小さなことを得意としてこなかった

自分にとってはいい機会です。

 

 

そして、最後の「魚の目」は

世の中のトレンドや流れを見ること。

 

コロナ後の世の中はどうなるのか?

なんてのは分かりやすい事例ですね。

 

 

この3つの目については、

メンターから教わったことはあったけど、

実際にいろんなものを目にするようになって、

こういうことか、と実感しています。

 

 

これからは、まだ形のないものを

作っていくのが会社での役割になるので、

3つの目を意識してがんばっていきます!

 

 

 

ただ、これから仕事が忙しくなったり、

ブログ書いてばっかいたりするので、

1番気をつけなければいけないのは

 

 

 

彼女の目です