のんべえせぇるすまんの「あて」になるブログ

お酒大好き営業マンが、お酒の「あて」になるものや、ビジネスや人生において「当て」になる情報を発信していきます^^

MENU

夢がない人への処方箋

大きな夢を持ちましょう。

やりたいことは何?

目標は?

 

 

こんな言葉を聞くと、

ドキッとするあなた。

 

 

安心してください。

 

 

 

ぼくもですw

 

 

今って、好きなことを仕事にとか、

やりたいことがどうこうとか、

そういうのが無いといけない

みたいな風潮がありますよね。

 

 

実際に、それがなくて

悩んでたりする人も見てきました。

ぼく自身も悩みましたしね。

 

 

で、自分って心の底から叶えたい

「夢」っていうものを

持ったことがあったかなー

って考えてみたんですけど。

 

 

 

小さい頃は、たぶんアルバムとかに

サッカー選手と書いてました。

 

 

中学とか高校に上がってからは、

どんなことを考えていたかすら

覚えていません。

 

 

 

でも、サッカー選手になりたいなんて

アルバムには書いてたけど、

小3くらいで、なれないと気付いてたし、

なりたいとも思ってませんでしたw

 

 

だって、地元の小さな少年団の中ですら、

別に上手い方ではなかったし。

 

試合がイヤすぎて、雨で試合が中止に

なったときは心の中でガッツポーズw

 

中学に入ったら、

サッカーは続けないんだろうなと

親には思われてたらしいです(笑)

 

 

友達とするサッカーは好きだったけど、

試合とかはぜんぜん好きじゃなかった。

こんなんじゃ、もちろんプロには

なれないですよねw

 

 

じゃあ、最初からプロになりたいと

思っていなかったかと言われると、

きっとそんなこともなくて。

 

幼稚園生のころとかは、

ぼんやりと憧れはあったと思うんです。

 

実際に幼稚園の中では

サッカーが上手い方だったし。

 

 

この時点では、もしかしたら

サッカー選手になれるかも、

なんて思ってたのかもしれません。

 

 

それが、実際にサッカーを始めてみて

自分より上手いやつらをたくさんみて、

プロにはなれないんだろうなと気付いた。

 

なりたいとすら思わなくなったし、

サッカーに行きたいとすら思わなくなった。

 

 

つまり、できそう・なれそうと思えたり、

イメージが湧いたりするものでないと

そもそも夢として持ち続けることなんて

できないんじゃないかと思うんですよね。

 

 

憧れていたけど、無理かもしれないと

気づいた瞬間に熱が冷めてしまうのって

これだと思うんです。

 

 

でも逆を言えば、

自分にできそうなことであれば

それが夢ややりたいことになる

可能性もあると思うんですよね。

 

 

ぼくの場合、営業が得意だし

人に教えるのが好きで得意なので、

営業を若手に教える、なんてことを

やって見たいと思っていたり。

 

 

お酒やグルメもそうです。

人に教えるの、ほんとに楽しいw

 

 

ということは、自分にできることを

増やすことが、夢ややりたいことに

近づく方法になると思うんですよね。

 

 

つまり、できることを増やすために、

できるようになりたいことをやる。

これをやればいいんです。

 

 

でも多くの人は、

できるようになりたいことはあるけれど

その先のゴールがないと意味がない

と考えてしまう。

 

だから、1歩を踏み出せない。

結局何もやらずに終わってしまう。

 

 

 

逆で考えてみましょう。

 

 

できるようになるから

ゴールが見えてくるんです。

 

 

今の時点で、これが何につながるかなんて

明確に見えてなくてもいい。

 

 

現状を変えたいなんて

もやもやしてるくらいなら、

できるようになりたいことを

まずやってみましょ^^

 

 

 

では、おやすみなさい!