のんべえせぇるすまんの「あて」になるブログ

お酒大好き営業マンが、お酒の「あて」になるものや、ビジネスや人生において「当て」になる情報を発信していきます^^

信じるか信じないかは、あなた次第。

こんばんは。

のんべえせぇるすまんです^^

 

 

最近、だいぶ夜行性になってきました。

 

ちょっと前は朝型になろうと

がんばってみたんですが、

すぐ戻っちゃいますね。

 

でも、ぼく個人的には

夜の方が頭働くんですよね。

お酒飲みながら。

 

これ言っても、誰も信じてくれないから

不思議なもんです(╹◡╹)

 

 

さて、今日はおすすめの日本酒を

ご紹介しようと思います^^

 

今年に入ってから飲んだお酒のなかでも、

個人的に1番ドンピシャだったお酒。

 

 

f:id:rs11:20200418235037j:image

 

その名も、

高千代の無調整生原酒です。

 

 

出会いは、今年の冬に

スノボ旅行でいった新潟の湯沢。

 

宿でみんなで飲んだんですが、

ほんとにどハマりしました。

 

辛口でスッキリしている中にも

フルーティーな味わいがあって。

個人的にめちゃくちゃ好みのお酒です^^

 

でも度数強いから、日本酒が苦手な人にはきついかも。

のんべえには超オススメしたいお酒です^^

 

 

で、書いてるときに

ちょっと気になっちゃったんですが。

 

無調整とか、生とか、原酒って、ナニ???

勝手においしそうなイメージしちゃうけど、

実際のとこどうなのよ!って。

 

みなさん、知ってるもんなんですかね?

ぼくはのんべえですが、酒に詳しいわけではないので

ぜんぜんわからなかったんですよね。

 

 

なので調べてみました!

この夜ふけに!

 

もう知ってるよ!って方は

星の速さでスクロールしちゃってください⭐︎

 

 

ふつう日本酒って

どんな風に作られてるかというと、

 

お酒をしぼったら、

ろ過して(フィルター通して粕とかを取り除く)

火入れして(殺菌&品質維持のため)

加水して(アルコール度数の調整)

またろ過して、火入れして、瓶詰めする。

 

これでやっと完成。

この製法で作られてるのが

一般的な日本酒です。

 

 

で、この「ろ過」「火入れ」「加水」

といった工程をふんでいないと、

特別な呼び方がされるみたいです。

 

 

ろ過をしていないと「無濾過(無調整ともいう)」

火入れをしていないと「生」

加水をしていないと「原酒」

といった具合です。

 

無調整生原酒とか言われると

なんか難しそうに聞こえちゃいますが、

「無調整」「生」「原酒」というように

切っちゃえばわかりやすくなりますね^^

 

 

うん、やっぱり夜の方が頭が冴えてる。

飲みながら書いてるけど、冴えてる。

 

これからも自信をもって、

飲んでる時が1番冴えてると言い張ります^^

 

 

それにしても、「無調整」とか「生」とか

ほんとにのんべえ的パワーワード。

 

 

どっちのワードも、一歩間違えれば

たちまちDVDがバカ売れするキラーワード。w

 

 

うん、やっぱり夜はダメかもしれんなぁ。w